いびき防止対策!いびきを防止し対策を考える!

いびきの防止対策を考える!
いびきの防止・対策についての総合サイト。
自分ではなかなか気づかないいびき。見逃していると大きな病気が隠れていたりすることもあります。いびきを防止し、対策を考えましょう!

いびきの防止・いびきの対策を知りたい。いびきの基礎知識から防止・対策までの情報満載!

いびきの防止・いびき対策のポイント : いびきとは?


いびき防止対策いびき防止対策

いびき防止対策いびき防止対策”枕”

いびき防止対策いびきの原因 1

いびき防止対策いびきの原因 2

いびき防止対策いびきの治療

いびき防止対策いびき防止対策グッズ

いびき防止対策相互リンクについて

いびき防止対策いびき関係リンク集

いびき防止対策その他リンク集

いびき防止対策その他リンク集2

いびき防止対策免責事項



いびき防止 携帯サイト

いびき防止対策

いびき防止対策いびきって?

いびきは防止できるのか?

人間は、寝ているときに鼻と口から空気を吸います。

鼻から吸った空気は鼻からのど、上気道(空気の通り道)を通って肺との間を行ききします。

空気の通り道には鼻腔やのどなど、狭いところや出っ張ったところがあり、そこで空気抵抗が起こります。

いびきは睡眠中に空気が上気道を出入りするときに起こる抵抗音と、粘膜の振動による振動音のことです。
このときに出る音がいびきです。

いびきをかいて寝ている人を見ると、気持ちよさそうに良く眠っているな〜と思いがちですが、実際には気道が塞がり空気の通りが悪いために、いびきを発生しています。

ですのでいびきをかいている人は、見た目ほど眠りは深くなく、呼吸が抑制され、逆に眠りが浅く、ほとんどが睡眠不足に陥っていますので防止対策が必要です。

いびきをかいている時の脳波を調べてみると、眠りが浅く、熟睡している、とは言いがたいようです。

それ以上に、大きないびきをかいて、途中で呼吸が止まったりする場合は要注意です。

大きないびきをかく人の3割ほどは病的な睡眠時無呼吸症(SAS)を持っているといわれていますので、いびきの防止対策が必要です。

でも、いびきって、なかなか自分では気づかないものですよね。

そして、いびきは他人に迷惑をかけているばかりでなく、本人の体にも多くの危険な問題が出てきますので防止対策が必要です。

いびきをかき、しかも呼吸が抑制され熟睡していないとなれば、昼間の眠気をさそうばかりか、集中力、活力、記憶力が低下し、仕事や学業にも影響が出ます。

息苦しくて目が覚めたり、自分の大きないびきで目が覚めたりする場合、いびきの防止対策が必要になりますので、誰かそばに寝てもらってチェックしてもらったほうが良いかもしれません。

もしくは、病院に相談しましょう。

いびき防止対策いびきの防止対策の必要性は?

いびきを防止する必要性はどの程度でしょうか。

いびきの種類にもよりますが、完全にいびきを防止することは不可能です。

いびきににも、気にしなくても良いいびきと、防止の対策が必要な深刻ないびきがあります。

疲労やストレス、飲酒、かぜなどのときに起こる一時的ないびきは、健康的ないびきなので心配いりません。

また、年をとって呼吸筋がゆるんで起こるお年寄りのいびきも同様です。(これは防止の対策がありません。)

しかし、夜通し断続的に大きないびきをかく場合、体に何らかのトラブルがあるケースが多く、治療・対策が必要な病的ないびきと考えてられるケースが多くあります。

このような場合、いびきの防止と対策をかねて専門医の診察をお勧めします。

重大な病気が隠れているケースもありますので、たかがいびきくらい、と甘くみてはいけません。

いびき防止対策いびきの防止対策?

いびきの対策って何があるのでしょうか。

(いびきの原因にもよりますが、以下は病気に起因しないいびきを対象としています。)

いびきの防止対策 その1 -横向けで寝る-

ちなみに、いびきをかくのは人間だけだそうです。(いびきの防止対策は人間にだけ必要ってことでしょうか。)

理由は、仰向けに眠る動物は人間だけだから、だそうです。

ということは、横向きに眠ればいびきをかきにくい、ということになります。

軽い、いびきの防止対策として横向きに眠る習慣をつける、というものがあるそうです。

パジャマの背中にタオルを縫い付けたりして、横向きでの睡眠を習慣づけるようです。

そっれて、眠りにくいかも・・・ (でも、慣れれば軽いいびきの防止対策になるようです。)

いびきの防止対策 その2 -肥満を防止する-

いびきは肥満の人に多く見られます。(これはいびき防止対策の対象です)

理由としては、体重が増加に伴い、顎の周囲、首周り、喉や舌も太くな って、結果気道が全体的に圧迫され 狭くなり、いびきの発生につながります。

肥満はいびきだけでなく、体に色々な負担をかけますので対策が必要です。

日ごろから、肥満防止を心がけましょう! 

いびきの防止対策 その3 -深酒をしない-

晩酌は、ストレス解消にも有効ですし、いびきの防止対策のためといって、晩酌をやめるのはつらいことでしょう。

やめる必要はありませんが、深酒はいただけません。

また、寝酒もやめたほうがいいです。

最初は、一杯のつもりがだんだん量が増えて、アルコール依存症になってしまった!なんて事にもなりかねません。


いびき防止対策 更新履歴

いびきの防止・いびき対策のポイント

Copyright (C) 2006 いびき防止対策!いびきを防止し対策を考える! All Rights Reserved